いよいよ秋到来です

みなさん、こんにちは。
最近は雨が多く、だいぶ肌寒い日が多くなってきましたね。(それでも暑い日もありますが…)

寒暖差で体調を崩されている方はいませんか?

暑かったり、寒かったり季節は徐々に移り変わってきています。
今度の日曜に秋分の日を迎えるといよいよ秋が到来することになります

季節は春夏秋冬と思っている方は多くいらっしゃると思いますが、もう少し細かく区切ることもできます。
僕が行っている鍼灸治療では五行論の考えを取り入れていますので、季節を細かく分けることにより治療のゴールをハッキリとさせることができます

≪天の気(時邪)と人の気(五臓)との関係≫

・初の気(大寒~春分)1/21~3/20頃…肝…風
・二の気(春分~小満)3/20~5/21頃…心…熱
・三の気(小満~大暑)5/21~7/22頃…心包…暑
・四の気(大暑~秋分)7/22~9/22頃…脾…湿
五の気(秋分~小雪)9/22~11/23頃…肺…燥
・終の気(小雪~大寒)11/23~1/21頃…腎…寒

となります。
季節が秋を迎えるにあたり、身体も秋の身体へ変化していきます。
身体をめぐっている脈も夏みたいな旺盛の脈ではなく、毛脈という細く、柔らかく、どこか短い脈になっていきます。
身体が季節の移り変わりにうまく対応できないと、乾燥にやられて呼吸器系の病気になりやすくなってしまいます

夏の疲れを今のうちにしっかりと取り除き、秋にも対応できる身体づくりをしていきましょうね

 

関連記事

  1. 10月18日 栄養学×東洋医学 栄養と身体のベースを作るコツ…

  2. 40代、普段身体のケアをすることができないからこそ、しっかり…

  3. 鍼灸治療で実施する脈診(みゃくしん)とは

  4. フリーマーケット『大人の文化祭』に参加して

  5. 朝までグッスリでした

  6. 鍼灸の効果が分かるblog

PAGE TOP