ピラティスをより意味のあるものにする秘訣

ピラティスが普通のエクササイズと違う点
正しい動きを学習することにより、機能的な良い筋肉を手に入れることができる点

そして、より効率的に学習をするために意識するとよい点があります
それは解剖学的にどこで何が起こっているのか?を知ること

関節、筋、値、タイミングを意識することにより効果は全く違っていきます

例えば腰部のこと

よく床にモノを落とした人が腰をかがめて落としたものを拾おうとしてねじる動作をしたことによりぎっくり腰になったっていう人はいませんか?

これは腰にとって最もダメージを受けやすい形です

どういうことかというと
腰部は5つの骨から構成されており、少し前に沿っている状態が良い姿勢といわれています。
そして最も得意な動きは身体を前後に動かす動きです。逆に苦手な動きは左右に回旋する動き
だからです。

なのでピラティスのエクササイズ中に自分の関節がどういう状態で、どんな動きを知ることにより日常の些細な不全の動きを防ぐことができるようになります。

ケガの予防にただ単に筋肉をつける、身体を動かす。ではなく機能的に動くことのできるピラティスはおススメです

関連記事

  1. 腰痛を防ぐ3分でできるエクササイズ

  2. 60代鍼灸×ピラティスを続けられている方のお話

  3. 朝までグッスリでした

  4. 健康に対するスイッチが入るピラティスの名言

  5. 総合メニューを受けていただいた方の感想です

  6. 昨日は勉強会に参加してきました

PAGE TOP