鍼灸治療で肩こりの症状を改善するには?

肩こり・・・。

肩こりで悩んでいる方が非常に多いです。今日はこの肩こりについて考えていきたいと思います。

現在、『肩が凝るなあ』と自覚症状がある方の改善にお役立てると思います

そもそも肩こりとは?

正式な病名ではないのですが、一般的に背中や首周りの筋肉のコリ感や重だるさ、痛みのことなどを指していきます

肩こりの原因は何?

一般的に言われてることの多くは筋力低下そして姿勢のバランスの悪さです。大きな筋肉の柔軟性がなくなることにより硬くなり、筋力低下や姿勢が乱れやすくなります。多くの方が肩回りの筋肉のことだけ考えると思いますが、胸周りの筋肉であったり腰回りの筋肉であったり全身の調整が必要になったりもします。

鍼灸治療ではどう考えるのか?

二つの考え方があります。

  • 筋肉にアプローチする方法
  • 経絡の流れに沿ってアプローチする方法

最初の『筋肉にアプローチする方法
これは肩こりに関係すると考えられる僧帽筋、広背筋、頭板状筋、菱形筋など比較的大きな筋肉に対して鍼を打ち血流を改善して筋肉の柔軟性を高めて肩こりを解消していく方法

次に『経絡の流れに沿ってアプローチする方法
肩回りには手の太陰肺経、手の陽明大腸経、手の太陽小腸経、手の少陽三焦経などの流れがあり一番気になる部位に近い経絡からツボに対して施術を行います。


また脈診を行うことによりその人がどの経絡に異常があるのかを診ながら全身調整して治療をしていく方法があります。この治療法だと肩回りではなくほかの胃腸のバランスなども調整できる場合があり自分の身体の弱い部分が分かったりもします。

肩こりに有効なツボ【セルフケア】

同じ姿勢を10分以上続けたときに、肩周りにコリを感じたときなど、少しの時間押してみると効果があります

ツボを押すときの力の入れ方にもコツがあります。
力任せにぎゅーーーーーと押し込むのはNGです

風池(ふうち)

【場所】
首の骨のわきにある。髪の毛の生え際の少しへこんだところです。


【場所】
手の親指と人差し指の間で人差し指側のややへこんだ部分にとっていきます

手で押さえるのに加えて、お灸も効果があります。ドラッグストアなどでお灸なども売っています。お灸の温熱刺激も効果ありますよ

 

セルフケアを頑張られても効果があまり感じられないという方はお気軽にご連絡ください。
何か力になれることを一緒に考えていきます

肩こりに効くエクササイズ

 

関連するblog


 

LINE@がとても便利です

 

ご予約お問い合わせはLINE@でお願いします

友だち追加

よろしくお願いします

 

皆様が目指す姿のためにできること

自分の今の状態をなんとなく想像してみてください?必ずしも絶好調ではないかと思います
今の状態から絶好調になるための過程をどう進んだら良いか図にしてみました。参考にしてみてください

☆僕の自己紹介です♪♪☆

廣角将旭(ヒロカドマサアキ)
みんなからまさくんという愛称で呼ばれています
・鍼灸師
・あん摩マッサージ指圧師
・STOTTpilatesインストラクター
なぜ僕がマッサージ師になったのか?など書いてあります
こちらをクリック

 

エキテンで当院の口コミがご覧いただけます


りつでは体の不調を鍼灸、マッサージ、ピラティスを中心に改善をしています
鍼灸で何が良くなったのか?ピラティスを受けた感想は?マッサージでどう楽になるのか?
多くの人のリアルな声が分かります是非見てください
こちらをクリックエキテン口コミ


 

当院で頂いている感想

一部ですが掲載させていただきました。治療院にはまとめてあります。
興味がある方は一言声をかけてくださいね(*^^)v

 

ピラティスを受けた方の身体の変化


たった1回50分!しかも気持ちよく身体を動かしただけでこの変化!
50代男性の方でも出る変化

当院の予約方法


予約は簡単な予約ページがあるのでそちらからでも
こちらで予約いただけるとオトクなことがあります
ご予約はこちらから→予約

 

当院のHP

https://ritsu.hirokado.com/

お問い合わせから始めたい方はLINE@で
l友だち追加

PAGE TOP